vividのハイレゾ制作ブログ

Sound from Japan 〜箏奏者 景子さんのレコーディング〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

箏奏者 景子さんのレコーディングでした。
景子さんとのセッションは2006年発売の「Garden」以来なのでかれこれ10年ぶりになります。

今年の大きな目標に
「Made in Japanのサウンドを海外に発信する」
というものがありまして、その一環として景子さんのオリジナル曲を録音、配信することになりました。

今日のセッションのために用意された8曲は、どれも凛とした景子さんらしい爽やかさと優しさを湛えた素敵な曲ばかりでした。
演奏も自らに厳しい景子さんらしく、決してゴリゴリしたものではなく、内に秘めたしなやかな力強さを感じさせる素晴らしいものばかりでした。

ハイレゾで収録された箏の音は、しなやかで、何よりも余韻の美しさが際立ちます。
景子さんに初めてお会いした10年前、

「箏は余韻の楽器です。箏の余韻を綺麗に録ってください。」

とリクエストされたことを今更ながらに思い出します。

この音源は近い内にCDと配信で皆さまにご紹介したいと思っています。
お楽しみに!

Recording data
相模湖交流センター
Microphone Neumann M-150,KM-120
DAW Merging Pyramix
384KHz 24bit

関連記事

ピックアップブログ記事

  1. 報告が遅れましたが、2月17日、相模湖交流センターで若い音楽家のためのレコーディング・プログラム第一...
  2. Title             Especially 越野景子ピアノ・アルバムVol.1  Ar...
  3. アメリカのアーティスト、Rickie Lee Jonesのオフィスから新作のCDが届きました。

過去の記事