vividのハイレゾ制作ブログ

ぴあのピア特集番組収録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浜松 楽器博物館にて

出演、
チェンバロ 中野振一郎様

午前中の仕事を済ませて新幹線に飛び乗る。
浜松の楽器博物館へ(今日は休館でした)・・・

ワルターというピアノと
名前を忘れてしまったが、名機と呼ばれるチェンバロの収録。
やっぱり宮廷のサウンドがしていました。

プロデューサーからは
”西本君も古楽器の録音、お手の物になってきたねぇ”
と冗談交じりに言われたが、確かに慣れてきた部分はあるみたいだ。

古楽器を録る時のポイントは、やっぱり、どの様なシチュエーションで聞かれた楽器かをよく考える事だと思う。
楽器達は、それぞれ聞かれるシチュエーションで最良の結果を得られる様に作られてきた訳だから、そこから考えれば望まれるサウンドは想像出来るはずだ。

久し振りに聞いたチェンバロの音はやはり”王様”な音をしていた。

帰りは制作のOさんと話ながら新横浜まで。
それにしても新横浜の駐車料金¥6300が痛かった!!

By VIVID productions

関連記事

ピックアップブログ記事

  1. 報告が遅れましたが、2月17日、相模湖交流センターで若い音楽家のためのレコーディング・プログラム第一...
  2. Title             Especially 越野景子ピアノ・アルバムVol.1  Ar...
  3. アメリカのアーティスト、Rickie Lee Jonesのオフィスから新作のCDが届きました。

過去の記事