vividのハイレゾ制作ブログ

ぴあのピア第18回収録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぴあのピア第18回収録
三鷹市芸術会館 風のホール

出演 伊藤恵様 他

使用マイク NEUMANN M-150 tube
      earth works QTC-40

撮影の条件を優先すれば音にダメージが加わるし、その反対だと映像にダメージが加わるのが映像のソフト作りの常なのだが、今回は条件的にはかなり恵まれたホールでの収録だったと思う。

ただ一つ残念だったのは、風のホールにあるピアノはかなり年期の入ったNEW YORK STEINWAYで、それはそれできちんと整備されてはいるのだが、音が若干”華奢”なのだ。
前半バイエル、ブルグミュラーなどのプログラムでは非常に美しい音色を奏でてくれるのだが、ブラームスに至ってはやや物足りない感じ。

改めてピアノの音楽の奥深さを知らされた。

By VIVID productions

 

20070410

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップブログ記事

  1. 報告が遅れましたが、2月17日、相模湖交流センターで若い音楽家のためのレコーディング・プログラム第一...
  2. Title             Especially 越野景子ピアノ・アルバムVol.1  Ar...
  3. アメリカのアーティスト、Rickie Lee Jonesのオフィスから新作のCDが届きました。

過去の記事