vividのハイレゾ制作ブログ

再会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来年度から放送されるシリーズ物の収録が始まった。
250本の長丁場だ。

現場に着いてみると10年前、毎日現場を共にしていた映像クルーが来てくれていた。
今日の収録は長丁場のスタートと言う事もあり、録音チームとしても最善を尽くした結果を提示しなくてはならなかった。
そうなると、当然問題になるのはマイクと映像の問題で、良い音を録ろうとすると映像にダメージが出て、良い映像を撮ろうとすると音にダメージが出やすい。
それは絵に写り込むマイクの問題が大きいのだが・・・

今日の映像チームはその辺の事良く解ってくれていて、カメラにぶら下がったケーブルにはタオルを巻いてケーブルが床を擦る音を軽減させたり、マイクから遠い位置にカメラを置ける様にレンズを交換してくれたり・・・

”ありがとう”を何回言っても足りないくらい録音部に協力して頂きました。
おかげでよい音が録れました。
それは一重に映像チームの協力の賜物だと思います。

涙が出そうなくらい感謝の気持ちでいっぱいな1日でした。
立川さん、鈴木さん、またのみに行きましょう!!

By VIVID productions

20061102

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップブログ記事

  1. 報告が遅れましたが、2月17日、相模湖交流センターで若い音楽家のためのレコーディング・プログラム第一...
  2. Title             Especially 越野景子ピアノ・アルバムVol.1  Ar...
  3. アメリカのアーティスト、Rickie Lee Jonesのオフィスから新作のCDが届きました。

過去の記事