vividのハイレゾ制作ブログ

Merging HORUS導入いたしました 〜11.2mHz DSD、384KHz 24bit PCMでの制作〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VIVID productions Co.,Ltdではハイレゾ制作用のオーディオ・インターフェイスとしてMerging Technologies社のHORUS Network Audio Converter を導入いたしました。

これにより、現行で最高の規格となる11.2mHz DSD、384KHz 24bit PCMでの音源制作が可能になりました。

来年からはMQAによる配信も本格的になり、ハイレゾ元年とも言える年になりそうです。
来るべきハイレゾ時代に備えて高音質での制作を是非ともご検討ください!

個人のお客様はもとより、レコード会社様、プロダクション様からのお問い合わせもお待ちしています。

*現在は8ch仕様ですが、チャンネル数は順次増設していく予定です。

関連記事

ピックアップブログ記事

  1. 報告が遅れましたが、2月17日、相模湖交流センターで若い音楽家のためのレコーディング・プログラム第一...
  2. Title             Especially 越野景子ピアノ・アルバムVol.1  Ar...
  3. アメリカのアーティスト、Rickie Lee Jonesのオフィスから新作のCDが届きました。

過去の記事